だめだめ飼い主の「メダカ奮戦記」

アクセスカウンタ

zoom RSS pHのテスト

<<   作成日時 : 2005/03/05 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

pH(ペーハー)は、水に溶けているる水素イオン(H+)の濃度のことです。7.0が中性で、水素イオンの濃度が高いと酸性(pHの値は小さくなる)、濃度が低いとアルカリ性になります。
では、なぜpHを測るのでしょうか?水素イオンの濃度を示すpHと水質はどう関係しているのでしょうか。

次に書くことは、素人なりの意見です。その点を考慮してお読みください。

強いアルカリ性の温泉に入ると肌がつるつる感じます。逆に強い酸性の温泉に入ると肌に刺激を感じます。自然界に住むメダカのことを考えると、なるべく中性に近い環境が良いと想像できますし、水が酸性とかアルカリ性になってしまうとメダカの成育に問題が起こりそうです。

バクテリアについても同じことが言えそうです。水槽内の循環が上手く行われていると中性に近い数値になりそうです。「強い水」という言葉がしばしば使われますが、pHはその一つの目安に過ぎないと考えています。

アンモニアは最終的に硝酸塩に変化しますが、水槽内に硝酸塩が蓄積されてくるとpHが下がり酸性に変化していきます。水槽内の循環が上手く行われていても、水質は微妙に変化していきます。水換えは、pH的には硝酸塩の蓄積による水質の変化を最小限に留めているのです。

(注)水道水は二酸化炭素が溶け込んでいるので、水槽に入れて二酸化炭素が吸収されたり空気中に放出されるとpHは上昇し弱アルカリ性になります。

ちなみに私はpHのテストはめったにしませんし、方法も機器を使用しているわけではありません。あまり餌をあげずに、適度に水を換えてあげることが一番なのかなと考えています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
pHのテスト だめだめ飼い主の「メダカ奮戦記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる